静岡市民の方々が安心して医療を受けられるように清水医師会がサポート致します。

会員予定表
文字サイズ
メールでのお問い合わせ 新規開業をお考えの方へ
  • home
  • 医師会のページ
    • 会長挨拶
    • 沿革
    • 役員名簿
    • 新規開業医
    • アクセス
  • 夜間休日当番医
    • 夜間診療
    • 休日当番医
  • 医療施設
    • 施設検索
    • 地図から探す
    • 今から健診
    • 在宅医療
    • 予防接種
    • 健診検索
  • 健診センター
  • 産業保健センター
  • 感染症発生動向
医師会のページ
トップページ > 医師会のページ
ページの上部へ

会長あいさつ 


 静岡市清水医師会の会 長 村 上 仁です。どうぞ宜しくお願い致します。
 静岡市清水医師会は正式には1924年より活動をしていまして、92年の歴史があります。この間一貫して清水の市民の皆様の健康増進と健康診断、健康への啓蒙に行政と手を携えて行ってきました。
 時代の変化と共に医師会が関わる事業も刻々と変わっていきます。
これからの当面の問題は高齢化社会と少子化への対応です。特に地域の健康は地域で賄うという事で各医療関連団体が頑張っていますが、その中心となるのはやはり医師会だと思います。
 現在、清水区の地域包括は9か所に分かれて行われています。それぞれに地域の特色を生かして医療・介護連携事業を推進しています。
少子化対策は少し遅れていましたが、高齢化対策と連動させなければ解決しない問題ですので、こどもの虐待や貧困、発達障害が喫緊の課題となります。介護と同じく地域社会が一体となって取り組まないと1人の力ではどうにもなりません。現在、清水区では多職種協調で取り組み始めていますが、まだ地域により格差がありますのでその実現に向かって市民セミナーや講習会で広めていくつもりです。
 防災対策ですが、清水医師会は市の合併前から防災訓練時に救護所設置と救護訓練を20年以上に渡り、行政と協議を重ねて参りました。
2011年の東日本大震災を契機として各地域で被害状況が異なる事を前提に、救護所の設置を再構築しています。
 健診事業ですが、清水医師会健診センターで特定健診を始め事業所健診、学校心電図等を行っています。人間ドックや各種がん検診も充実していますので、気軽にご相談下さい。
 清水医師会会員は清水区の全ての市民に対しての健康維持のために専門家として全力で取り組んで行きます。 
  清水医師会/村上 仁会長
静岡市清水医師会
会 長 村上 仁


沿革 

清水市の誕生と医師会の創立

昭和24年医師会館

昭和24年の医師会館
 清水市は、大正13年2月11日紀元節(現在は建国記念日)に清水港周辺の江尻、辻、入 江、清水の4町と不ニ見、三保の2ヵ村、計6町村が合併し、市名を清水港から取り発足しました。

 その後、積極的に近隣町村との合併を進め、北は山梨県境、西は静岡市境まで広がり市の 人口は24万人で、面積227.6平方キロメートルとなり、そのうちの7割が山間地での山あり、港ありの中堅都市となりました。静岡市清水医師会も市の誕生と同時に創立し、初代会長に石本正治先生が就任会員36名で発足しました。

 会員も合併とともに増加し、人口増加に伴い病院、診療所が加わり、現在は3総合病院、132診療所となり215名の会員となりました。


医師会館の設立

医師会館は、初代石本会長が相生町に462平方メートルを借地 して日本医師会生命より資金を借り入れ、木造二階建の当時としては超モダンな会館(軽費診療所、看護婦養成所付設)を昭和5年に設立しました。

 しかし、太平洋戦争の空襲により跡形もなく焼失してしまいました。昭和24年紺屋町の旧江尻小学校跡地に495平方メートルの土地を購入し、平屋建112平方メートルの会館を建設、昭和29年には増築し全国でも3ヶ所しかなかった医師会立検査センターを作り、オープンホスピタル構想で意気さかんでありました。

昭和34年、清水市に国民健康保険法を施行するにあたり、医師会がその協力の代償として検査センター、研究室、公衆衛生室、准看護学院等を含む医療センターと歯科医師会、薬剤師協会、助産婦会の事務所及び医療団体で共有する大講堂を含む保健会館建設を、大曲の清見潟病院の横に市が建設することで決着しました。

 この地域は、地盤が軟弱のためコンクリートパイルの打ち込みにより基礎を作り、昭和39年12月に完成し新医師会へ移転しました。

 この会館も、昭和49年の七夕豪雨により水没してしまい多くの書類や機器が使用不能となってしまいました。

 以後、検診部の開設により手狭になるなどで新改築の必要性に迫られ昭和61年4月の定時総会で、会館全面改築及び拠出金徴収が全会一致で承認可決されました。



現在の医師会事務所

現在の保険センター

<現在の保健センター>
 平成5年4月、全国でも稀な市が所有する土地に市の保健センターと、医師会・薬剤師会 歯科医師会が建設しようとする保健会館の合築施設(鉄筋4階建て延べ5,271)が完成しました。

 現在、この会館の2階を健診センター、4階に医師会事務局事務部として使用して市民の健康管理と医師会員の総括業務を行っております。


役員名簿 

 役員一覧表 平成28年6月24日~平成30年6月定期総会まで


役   職定 数氏            名
会 長1村上 仁
副会長2名以内 望月 篤福地 照元
理 事7名以上松永 元良室井 正彦
川口 茂吉永 治彦
渡邉 剛史青木 秀剛
赤坂 理浦島 哲郎
大蝶 修司竹内 康史
宗 幹之高良 俊武 
谷内 麻子藤井 浩治
監 事2加藤 正武土屋 和弘
議 長1佐藤 敬治 
副議長1渥美 清
裁定委員5 竹内 彰古澤 洋勝
中村 好邦田村 克美
村上 泰秀



 委員会一覧表 平成28年6月24日~平成30年6月定期総会まで

会務主 任委        員
理事等理事以外
総  務村上望月・福地
会館維持・運営望月・福地
静清医師会連絡協議会望月・福地
健診センター運営青木村上・望月・福地・佐藤・谷内古澤・田村(憲)・袴田・竹内(彰)
救急医療川口土屋・高良伊藤・馬越(智)
災害対策赤坂望月・吉永有原・宮地(武)・杉山(好)
学校医渡邉川口・大蝶・高良向井・外川・原・広川(秀)・
佐藤(博)・宮地(陽)・植田
ICT・ネットワーク望月・福地・吉永・青木佐藤(博)
学術・生涯学習吉永渡邉・竹内(康)・谷内浅野・阪部(優)・木内・松浦(知)
社会保険室井吉永・佐藤池上・宮地(陽)・浅野・土屋(政)・
堀口・馬越(智)・江口・川村
公衆衛生・検診浦島福地・渥美・谷内田村(憲)・袴田
広報・会報大蝶竹内(康)・高良・谷内池田(享)・成島・八木
産業保健福地望月・佐藤土屋(政)・杉
介護・在宅医療松永望月・吉永・宗有原・遠山・礒垣(誠)・村上(泰)
医療連携(病診連携)村上望月・福地
健康スポーツ青木赤坂・宗大石(晴)・大瀬・田村(晋)・寺井
地域医療計画望月福地・佐藤・赤坂・大蝶・川口・
谷内・高良
福地(君)・吉田
女性ヘルスケア谷内村上・望月・福地・松永・吉永高良(由)・阪部(江)・八木・松浦(知)






一般社団法人静岡市清水医師会
〒424-0053 静岡市清水区渋川2丁目12-1 TEL : 054-345-2919 FAX : 054-345-2995